へようこそ! Keybook.in.th

外国の小説

昇順

グリッド リスト

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
件表示
  1. ブラックアウト

    2060年、オックスフォード大学の史学生三人は、第二次大戦下のイギリスでの現地調査に送りだされた。 メロピーは郊外の屋敷のメイドとして疎開児童を観察し、ポリーはデパートの売り子としてロンドン大空襲で灯火管制(ブラックアウト)のもとにある市民生活を体験し、マイクルはアメリカ人記者としてダンケルク撤退における民間人の英雄を探そうとしていた。 ところが、現地に到着した三人はそれぞれ思いもよらぬ事態にまきこまれてしまう…続篇『オール・クリア』とともにヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞の三賞を受賞した、人気作家ウィリスの大作。

    もっと知る

  2. オール・クリア〈2〉

    第二次大戦下のイギリスで現地調査をするため、過去へとタイムトラベルしたオックスフォード大学の史学生三人―マイク、ポリー、メロピーは、未来に帰還するための降下点が使えないことを知り、べつの降下点を探そうとしていた。 だが、新たな問題も発覚した。 ポリーがすでに過去に来ていたため、その時点までに未来に帰還できないとたいへんなことになる。 史学生が危機に陥ったときには救出しにくるはずのダンワージー教授、万一のときは助けにいくとポリーに約束したコリンは、はたしてやってくるのか…前作とともにヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞を受賞した二部作、ついに完結。

    もっと知る

  3. オール・クリア〈1〉

    2060年から、第二次大戦下のイギリスでの現地調査に送りだされた、オックスフォード大学の史学生三人―アメリカ人記者に扮してドーヴァーをめざしたマイク、ロンドンのデパートの売り子となったポリー、郊外にある領主館でメイドをしていたアイリーンことメロピーは、それぞれが未来に帰還するための降下点が使えなくなっていた。 このままでは、過去に足止めされてしまう。 ロンドンで再会した三人は、別の降下点を使うべく、同時代にいるはずの史学生ジェラルドを捜し出そうとするが…前作『ブラックアウト』とともにヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞を受賞したウィリスの大作。

    もっと知る

  4. 冬の灯台が語るとき

    エーランド島に移住し、双子の灯台を望む屋敷に住みはじめたヨアキムとその家族。 しかし間もなく、一家に不幸が訪れる。 悲嘆に沈む彼に、屋敷に起きる異変が追い打ちをかける。 無人の部屋で聞こえるささやき。

    もっと知る

  5. アイ・コレクター

    ベルリンを震撼させる連続殺人事件。 その手口は共通していた。 子供を誘拐して母親を殺し、設定した制限時間内に父親が探し出せなければその子供を殺す、というものだ。 殺された子供が左目を抉り取られていたことから、犯人は“目の収集人”と呼ばれた。 元ベルリン警察の交渉人で、今は新聞記者として活躍するツォルバッハは事件を追うが、犯人の罠にはまり、容疑者にされてしまう。 特異な能力を持つ盲目の女性の協力を得て調査を進める彼の前に、やがて想像を絶する真相が!様々な仕掛けを駆使して描く驚愕の傑作。

    もっと知る

  6. 解錠師

    けっして動かないよう考え抜かれた金属の部品の数々。でも、力加減さえ間違えなければ、すべてが正しい位置に並んだ瞬間に、ドアは開く。そのとき、ついにその錠が開いたとき、どんな気分が想像できるかい?八歳の時に言葉を失ったマイク。だが彼には才能があった。絵を描くことと、どんな錠も開くことが出来る才能だ。やがて高校生となったマイクは、ひょんなことからプロの金庫破りの弟子となり芸術的な腕前を持つ解錠師になる…MWA賞最優秀長篇賞、CWA賞スティール・ダガー賞をダブル受賞した話題作。

    もっと知る

  7. 東南アジア史

    カンボジア、タイ、ベトナム…。肥沃なデルタ地帯と水運の利を背景に育まれてきた東南アジアの歴史をたどり、その経済基盤の変遷を考察してゆく―。流動する東南アジア諸国の歴史に展望を与えた記念碑的名著に、最新の研究成果にもとづき、地名・人名の正確な現地発音などを加筆、現代史部分を増補した。

    もっと知る

  8. 泥棒は野球カードを集める―泥棒バーニイ・シリーズ

    泥棒稼業の隠れ蓑のつもので始めた古本屋がすっかり軌道に乗り、今では本屋の主人としてまっとうな暮らしを送っているバーニイ。 気づいてみればもうかれこれ一年近くも夜のお勤めとはご無沙汰だ。 ところが、店の新しい大家が法外な家賃をふっかけてきたものだから、バーニイは家賃の値上げ分を捻出するためにやむにやまれず泥棒稼業に逆戻りすることになった。 首尾よくウェスト・サイドのとある高級アパートメントに忍び込んだまではよかったが、浴室で素っ裸の男の死体を発見。 そのうえ、まったく身に覚えのない高価な野球カード・コレクションを盗んだ疑いまでかけられてしまったのだからたまらない。 かくなるうえは野球カードを取り戻して身の潔白を証明するしかない!ある時は鮮やかな手並みの泥棒紳士。 またある時は華麗な推理の名探偵―マンハッタンの小粋な快盗バーニイ・ローデンバーが十年ぶりに帰ってきた、最高の話題作。

    もっと知る

  9. 死体つき会社案内

    失業中の俳優に、仕事の選り好みは許されない。 というわけで、食品会社の会社案内ヴィデオに出演する話がきたとき、パリスは一も二もなく飛びついた。 役柄は倉庫で働くフォークリフトの運転手。 芸術とはほど遠い仕事だが、演技することに変わりはないし、実入りもまあまあ。 いうことなしに思えたが…。 フォークリフトの運転―、これが意外と難物だった。 しかも、昼休みで目を離した隙に、そのフォークリフトが暴走して、女子社員の命を奪ってしまったのだ。 エンジンが掛かりっぱなしのところへ、何かの拍子でギアが入ったためだという。 だが、パリスは撮影現場を離れるとき、たしかにエンジンを切った。 もしかして、これは殺人では?俄然興味をひかれたパリスは、素人探偵を気取って、死んだ女子社員にまつわる噂を集めはじめた。 社内の勢力争いと複雑な人間関係に隠された真相にパリスが挑む、ユーモアと皮肉たっぷりの英国ミステリ。

    もっと知る

  10. 夜勤刑事

    午後六時四十六分、警部補のパウダーは「おはよう」と声をかけながら夜勤部屋に入った。 あき巣六件、武装強盗に暴行、爆弾騒ぎが各一件、そして午前二時五十二分、彼はパトカーを降りると寒空に白い息をはき、崩れた家の瓦礫の山に横たわる死体の方へ歩いていった。 彼女の顔と指はレンガで叩きつぶされていた…… これで二件目だった。 地区こそ街の反対側だが、昨夜も指紋をつぶされた若い女の絞殺体が発見されたのだ。 もちろんパウダーには、二つの殺人が関係していると断定する根拠はなかった。 翌日九時、髪をポニー・テールにしたレックスという高校生がパウダーのところに回されてきた。 「毛沢東語録」を信奉しているその少年は、私立高校内部の不正を洩れ聞いて相談にきたのだった。 数日後、そのユニヴァーシティ・スクールに押しこみ強盗が入り、チェリーという女子高校生が不正にからんで行方不明になっていることが判明した。 中国かぶれの少年が、チェリーを探そうと、盗んだ金で私立探偵アルバート・サムスンを雇ったのだ。 最後の最後まで隠される、未曽有の兇悪犯罪とは? インディアナポリスの夜を守る刑事、リーロイ・パウダー登場。 ハードボイルド派の異才が、シリーズの私立探偵アルバート・サムスンを好脇役に、怒り、迷い、恋に悩む生身の刑事の肖像を描きあげた傑作警察小説。

    もっと知る

昇順

グリッド リスト

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
件表示
Back to Top